オルニチンは脂肪肝を燃焼させる有効成分

オルニチンは脂肪肝にとっても有効な成分の一つです。その効果は、成長ホルモン分泌にあります。成長ホルモンは代謝機能を引き上げてくれる成分の一つ。代謝機能は年齢を重ねるたびに落ちていきます。若い人よりも年齢を重ねた人が太りやすい理由はここにあります。
オルニチンは何もしなくても脂肪が燃えやすい体を作ってくれると同時に、脂肪肝を最短ルートで改善へ導いてくれる嬉しい成分です。

タウリンは脂肪肝にどんな効果があるのか?
タウリンは中性脂肪の排出を促す効果がある成分です。脂肪肝の原因には「中性脂肪の蓄積」があります。脂肪肝は中性脂肪によって全体の30%が侵食された状態です。タウリンはこの中性脂肪の蓄積を食い止め、排出してくれます。
野菜などには含まれていないため、魚介類からの摂取が有効です。タコ
やイカなどに豊富ですが、カロリーなどを気にする場合はサプリメントが一番お勧めです。

 

DHA&EPAの脂肪肝への効果
DHA&EPA近年中性脂肪への有効性が確認されている成分です。
タウリンと同じく、中性脂肪の蓄積を防いでくれます。
主に魚の油に含まれています。魚はタンパク質も豊富で、糖質が低くお勧めの食材でもあります。他にも記憶能力の向上や、コレステロールの排出にも有効な成分です。
健康診断数値の幅広い改善に働きかけてくれるDHA&EPA。一日の摂取量はEPA・DHA共に1000mgです。エゴマ油やくるみ、しそ油などにも豊富に含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。