オルニチンの脂肪肝の関係について

オルニチンはアミノ酸と呼ばれる体に必要な成分のひとつ。脂肪肝や肝臓の機能向上以外にも、ダイエット業界や美容という業界からも一目置かれる大注目成分。しかしながらもっとも効果を感じられるのは肝臓への効果。少し掘り下げてオルニチンを解説します。

オルニチンの作用・働き
オルニチンは肝臓におけるアンモニア代謝の向上にスポットする成分です。
アンモニアは脳にもダメージを与えるので、積極的に排出したい物質ですが、脂肪肝などで肝臓の働きが低下していると代謝がままならず滞留し、症状として現れます。
オルニチンはこのアンモニアを代謝する働きを高めるてくれる特殊な成分です。

オルニチンの効果
オルニチンが代謝を促進してくれるアンモニアという物質は、疲労を感じさせる成分の一つで、体内で常に生成されるアンモニアが脂肪肝の影響で代謝されず残されていると、慢性的な疲労感、すぐ疲れるなどの症状が表出します。
我慢すればできないわけではない慢性的な疲労や疲れは、肝臓からのシグナルだということになかなか気づけません。誰でも感じたことがある症状だからこそ、見逃し脂肪肝が進行してしまうので、積極的にオルニチンを摂取してケアしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。